令和3年の締めくくり

▶治せる人になる

▶治せる人を育てる

▶治せる人による組織を作る

3つの決意で社会貢献を目指す

かねこ脳神経外科リハビリクリニック部長

かねこリハ研究会代表の伊藤哲朗です

今年1年間も“コロナ”という言葉を聞かない日はありませんでした。また最近では“オミクロン”という新種が現れ、皆さんに少なからず恐怖を与えているのも事実です。

そのような社会情勢の中、当研究会も細々と運営をしてまいりました。正直、このようなご時世で接触型の研修会を開催するリスクはあります。社会の風評被害を考えると“開催をしない”というのも一つではないかとも考えました。

しかし、参加していただいた皆様ならわかると思いますが、“接触型でしか伝わらない気づきがある”というのが一番の開催理由です。

コロナ下においてオンライン勉強会というものが一気に浸透していきましたが、当研究会で行っている治療技術はオンラインでは絶対に伝わりません。

その為、来年も開催をしていきますが、皆さま十分に体調に留意していただき、更に衛生管理にも気を使っていただきたいと思っています。

話は少し変わりますが、

来年度(令和4年4月以降)より、当研究会の運営方法が少し変わります。

以前にもメールやグループラインでお伝えしていますが、研修会費や開催頻度が変わります。その理由については来年より開催する勉強会にて都度説明していきます。文章でお示しすることもできるのですが、それはしないつもりです。

その理由として、私自身の話ですがめちゃくちゃ感情の生き物です。正直人を見て関わる人・関わらない人を選んでいます。その根底には「信念」や「誠実」とか、古臭い考えかもしれませんが“その人の内面”を見ようとしています。

その時にこの人と一緒に仕事がしたい!や、この人には成功してもらいたい!と思う環境でないと研究会もやろうという原動力にならないんです。

なので誰でも閲覧できるブログやホームページではなく、既存の会員さんにはぜひ直接説明させてほしいと思っています。

その際の話のポイントは③つあります。

①研究会・学会・資格の本質 注)かねこリハ研究会以外の話

②所得に関する現状(総務省統計局データより)

③かねこリハ研究会の本質(伊藤の本音)

これらについて各研修会の時にお話しさせていただく予定ですので、よろしくお願いします。

ではでは本年も大変お世話になりました

来年もよろしくお願いします。

かねこ脳神経外科リハビリクリニック リハビリテーション科 部長

かねこリハ研究会 代表

理学療法士 伊藤 哲朗

p.s

来年から平成リハビリテーション専門学校 同窓会 研究会(HRC研究会)の代表に戻ることになりました。

お時間がある方はこちらの勉強会にも参加していただけたらと思います。

主には学生を対象としていますが、卒業生や他病院の先生方も来られる勉強会です。

場所は平成リハビリテーション専門学校です(JR西宮駅下車 徒歩5分)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です